営業部門でのSFA活用の現状

SFAの営業部門における活用状況は各企業によりまちまちです。今回は弊社での事例に触れます。弊社での営業部門はおおよそ100人ほど在籍しておりその活動において主に稟議書と訪問記録にて活用しています。元になる顧客データを作成しそこに稟議により発生した経費を紐付けてどこの誰の経費かを明確にしています。また顧客データは訪問の効率を測るツールにもなります。いつ誰がどのくらい訪問しどのような活動をしたかがトラッキングでき戦略錬成に大きな影響を及ぼしています。一方このシステムは入力している人の仕事へのクオリティが影響しやすくきちんと入力されているデータが多ければそれだけ信用のおけるリソースになり得ますがデータのクオリティが低いと入力作業の負担ばかり目立つシステムと評価されかねません。したがって入力をする実務者への教育と同時に使いやすさを追求するシステム側の努力も必要なシステムです。



SFAのシステムを導入しよう



SFAというシステムを知っている方はいらっしゃるでしょうか。このシステムというのは営業のプロセスや進捗状況を管理し、また、営業活動を効率化するために使われるシステムのことで、今現在はたくさんの会社がこのシステムを導入されています。そしてこのSFAというシステムは会社内で共有することができます。ですので社員皆が進行状況などを知ることが出来るため、どのくらいのスピードで仕事を続けていけばいいのかなどをすぐに考えることができます。これまではそういったものも自分たちで行わなければならなかったのですが、最近ではいろいろなものが便利になってきていますので、そういったものをどんどん活用されていくというのもいいかもしれません。きっとそのSFAというシステムが、自分のためにもなりますし、会社のためにもなっていくことでしょう。





SFAによる企業の営業部門の強化



SFAとは営業管理や営業支援のコンピュータシステムです。SFAを導入すると、営業マンのセールス活動を支援することができ、売上アップに貢献します。経営者や管理職は、営業管理を容易に行うことができ、営業部門の強化を図ることができます。SFAを導入すると、顧客と営業マンとのやり取りを一元管理することができ、営業部全体で無駄のないセールス活動を展開することができます。顧客からの注文にも迅速に対応することができ、受注率のアップにつながります。顧客からのクレームにもいち早く対応することができますので、問題が大きくなる前に解決することができます。最近はクラウドに対応しているシステムが増えてきており、クラウドを使用することによって、サーバーを導入する必要はなくなりますので、導入の際の初期費用を大きく削減することができます。

今月の着地見込を管理できていますか。行き当たりばったりな営業をしていませんか。SFAを利用してナーチャリングをしっかりとやりましょう。 ネクストSFAは見込案件をどのタイミングでどういう風にアプローチするべきか教えてくれる画期的なツールです。 高いお金を払って使いづらいSFAを使い続けていませんか。乗り換えるならネクストSFAが最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)