SFAの導入と使いやすいシステム

SFAの導入の関係での話題では、ときどに非常にヒットするシステムが生まれます。その場合にその特徴としては、例えば自社だけで使っていた、自社製のシステムが非常に便利なので、それを製品として仕上げて販売してみると、非常に便利なのでヒットしたというような場合です。しかしそれが、そのままヒットするかどうかということは、ビジネスの形態の変化や、新しいヒット商品が現れたりするということでも変わってきますし、その商品自体も常に時代に合わせて変化し工夫していくということで、生き残ることが出来るということになります。ですので以前評判が良ければ、これからも良いということにはならないので、常にそれらの情報を知って、今一番利用されているすステムは何かということで選ぶということも必要で、変更ということも考えるべきということにもなります。

SFAの導入と組織的な支援

SFAの導入ということでは営業をひとりで行う作業と考えるか、組織で行う作業と考えるかということで変わってくるということになります。一人の場合には、候補を見つけるところからクロージングまで、すべてを行わなければならないので、誰にでもできるということでもありません。また営業をしてみるとわかりますが、人により得意分野があります。きっかけを作るのがうまい人や、クロージングで決めるのがうまい人など様々です。全てをうまく出来るという人が、一番の営業の名人ですが、それは実績などを見ても分かる通り、少ないということになります。そうなると、長所を活かしきれない営業をしているということで、成果も出にくいということになります。チームワークのスポーツなどでもひとりだけ優秀ではチームが勝てないということがありますが、それと同じではないかということになります。

SFAの導入と組織の活用

SFAの導入での理想的な形ということでは、勝てる営業の形を作るということではないかということになります。時間というものは誰もが同じだけ与えられます。それは営業力のある人もない人も同じです。そして仕事もその中で行っていかないとなりませんので、可能性のない人を優秀な実力がある人が何人も抱えていては、出る実績も出ません。どちらか迷うような人や必ず営業力があれば顧客になるという人を、その実力のある人に当てなければなりません。そうなるとその候補を見つけるまでの作業が重要ということになります。営業以前の営業も同じように重要になるわけです。それは今までも行ってきていますが、それをさらに能率的に進められるのがSFAのシステムの導入の目的ということになります。必ず実績になる顧客を絞込、間違いなく実績に出来る営業マンを当てるということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*