SFAの導入と顧客の絞込み

SFAの導入ということでは、組織的な利用の仕方が重要になりますが、営業ということではいろいろな面で、それぞれの会社で違ってくるということがあります。様々な事情があるということはあり、ある会社では競合他社よりも破格のディスカウントをして、顧客を取ってくることばかりの営業になり、そのことで常に会社内が混乱していたということがありました。資産があるような会社では、そのことに安心して、そのような営業もできるということでしたが、それでは営業の意味がありません。どこかが間違っているということですが、SFAの導入ということでは、軌道修正が出来るということもあります。問題点を浮かび上がらせて、それを解決しながら、会社の営業自体も進化していくということです。それにはやはり優良な顧客の絞り込みが出来るシステムが効果的になります。

SFAの導入の最初のポイント

SFAの導入では様々な会社があり、それらのシステムを熟知していて、常に最善の利用をしている企業から、これから導入しようと考えている新しい会社までありますが、特にこれから導入しようという会社の場合には、よく調べて、自社に合ったシステムを選ばないと、すぐに変えられるようなものではないので、うまくいかなかった場合の軌道修正もしづらくなります。また慣れるということがありますので、最初は不便でもその形に慣れてしまうと、自社に合っていなくても軌道修正が難しくなるわけです。そのようなことも考えて、今の自社の戦力に一番あった製品の導入が必要になるということです。あくまでもそれらの製品はアイテムのひとつなので、使えるからこそ営業支援ということになりますが、そのシステムに振り回されてはいけないということも注意点です。

SFAの導入と営業の支援

SFAの導入では営業の支援ということですから、様々な要素がその中に入っています。例えば営業活動報告を日報やその管理、またそれらの営業社員同士の共有などです。また商談、顧客管理や営業の分析や資料の共有、最新資料の蓄積など様々です。営業支援ということでは、その他にもたくさんの方法があり、それらの中で自社で利用すると効果が出るシステムのSFAの導入が必要になるということになります。ですので他社が導入しているから、それで自社も営業力が高くなるということで導入しても、あまり成果が出ないということもあります。そのような点からも営業力の向上ということが重要になるので、その点を間違えないように導入するということが重要になります。今の営業面での自社の課題を正しく把握していないと、営業支援もどこを支援して強化すべきかわからなくなるということになるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*