SFAの導入と組織的な視点の営業

SFAの導入ということでは、そのシステム自体には意志はありませんので、どのような優秀なアイテムということでも、使うほうがよく理解していないと猫に小判ということになります。それで導入するときには、その製品の販売の担当者と話し合うということになりますが、その場合も担当者が優秀な人の場合、その業界のことに詳しく、どう利用すれば実績が上がるかということがわかるような人の場合には、そのシステムの導入以上の効果や気づきを与えてくれるということになります。そのような意味でも、外の世界を知るということでも、その提供企業の担当者と相談しながら、決めるということを考えるのも必要ではないかということになります。あくまでも結果が良くなければ意味がないからです。そのように導入する場合でも様々なメリットがあるということもあります。

SFAの導入と視覚化

SFAの導入ということでは、メリットが多いほうが営業面でも有利になるということですが、素早い営業担当者たちの理解ということでも、可視化ということが重要になります。可視化がうまく出来ているシステムは、それだけでもイメージ的に営業全体が高まります。しかし可視化のイメージが悪い場合には、それだけでも、やる気を失いやすいということになります。そのような意味からも、可視化も含めてシステムの使いやすさということも考えるべきではないかということです。あまりにも見た目が仕事のイメージが強すぎても、なかなか親しめないという事にもなります。また営業の体験を熟知している人達が作った商品の場合には、それだけでも価値があり営業の秘密を知ったようなものなので、費用をかけて導入してもその価値が十分にあるということにもなります。情報自体がお金と同じだからです。

SFAというものは日本でも

SFAというのは、SalesForceAutomationのことです。物凄く直訳しますと営業支援システム、ということになります。コンピュータで営業の仕事を支援する、ということです。元々はアメリカ発祥の考え方であり、1995年あたりから、日本にも導入されるようになってきたシステムです。営業担当者個人が持っている顧客の情報というのは、個人で管理していることが多いです。例えば、細かな顧客情報や案件の進み具合などです。或いは、商談事例なんかの具体的な情報も貴重です。しかし、そうした営業活動に関わる情報というのは、データできます。そして、会社内である程度の部分は共有する、ということが今後は重要視されています。それによって、生産性を上げることができます。仕事の効率化を進められる情報システムであるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*