SFAの導入と自作の違い

営業支援システムのSFAの導入は、営業面の強化には欠かせないもので、多くの企業がそれぞれのソフトを導入しながら営業の実績を伸ばしているということですが、このシステムの導入でもメリットやデメリットがあります。もちろんメリットのほうが多くなりますが、それでも業界や各企業、会社により最善のシステムがあるということは間違いないということになりますので、それらを如何に探すかということになります。以前自社でそのシステムを作り出した会社の話がありましたが、その場合に最初は便利だということで、評判が良かったそうです。しかしそのうちに使われなくなったので、どうしてかと調べたら、起動が遅く表示が非常に時間がかかり、使い物にならなかったということがありました。やはりこのようなシステムは専門の業者のシステムを導入するのが正解です。

SFAの導入のメリット

SFAの導入でのメリットということでは、やはり組織的な活用ができるということに尽きるのではないかということになりますが、営業というと今までは根性とか数をこなすとかという一匹狼的な閉鎖した仕事という場合が多いように感じます。しかしSFAが欧米で活用されて、高い実績を出したということで、日本でも導入されましたが、それから長い月日が経った今でも、企業によりうまく使うことができている会社と、そうでない会社にわかれているように感じます。導入はしても、単に記入するソフトのような感じの場合と、それらを非常に有効に利用している場合があります。有効なシステムということは間違いないので、どのように利用するかという工夫が出来る営業支援システムを導入するということが重要になります。単に毎日の実績を記入するだけではあまり意味がありません。

SFAの導入と会社への貢献

SFAの導入で成功している営業ということでは、やはり組織的に営業をバックアップできている度合いではないかと考えられます。営業というのは、断られるのが当たり前で、100件飛び込みして1件反応が良ければ良いぐらいの確率で、精神と肉体の体力勝負というような営業もあります。断られてなんぼという感じですが、そのような営業の仕方が以前の方法です。電話のアポイントでも同じですが、問題は能率を上げるということを考えるべきで、とにかく人海戦術で玉砕していこうというのでは、それを実行するほうでも厳しいということになります。そのようにならないためには、気が付くということが必要で、その参考になるのがSFAということになります。そのシステムにも善し悪しがあるますので、多くのシステムの中で、自社に一番貢献してくれるシステムを選べるかどうかが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です